「ありがとうございます。ごめんなさい。」を素直に言えるこども

北浦に面し霊峰筑波山望める自然豊かな環境の中で「ありがとうございます、ごめんなさいを素直に言えるこども」を保育信条とし感謝・反省・慈悲・慈愛の心を育てます。

感謝の心「ありがとうございます」、奉仕の心「させていただきます」、反省の心「すみません」、素直な心「はい」、謙虚な心「おかげさまです」
 

和太鼓演奏・・・

年長・年中児は和太鼓演奏に取り組んでいます。「礼で始まり、礼で終る」、「心と体で太鼓を打つ」を大切に動く、「みんなと心を一つにする」ことを大切に、最後までやりとげる力、協調性を養います。

外あそび・・・

自由遊びの時間やお散歩は異年齢児の交流の場です。一緒に遊んだり、年上の子が年下の子の面倒をみたり、社会性や思いやりを学びます。園所有の畑に行き、植物や昆虫といった身近な生き物を観察し、自然と人との関わりを肌で感じます。

体験活動・・・

発表会やお店やさんごっこ、芋の苗植え・いも掘りなどの行事や普段の園の生活の中で、様々な人や物とのかかわりをもち、多様な体験をすることで自分の世界を広げ、心身の調和のとれたバランスのよい成長を促します。

いただいている命の尊さを学んで欲しい

顔の見える給食・・・

食材を作っている人、給食を作っている人の顔が見える給食です。お昼になると厨房からトントンと包丁の音が。厨房の窓からはモウモウと上がる湯気が見え、お腹が鳴りそうなくらいイイ匂いが漂ってきます。汁物はだしにこだわり、煮物は塩分カットで美しく食べられるよう工夫しています。乾物を使ってのメニューも大人気です。

食物アレルギーへの取組み・・・

栄養士が一人ひとりと月に一回面接して密に対応しています。給食はアレルギーの生活管理表にもとづき、代用の食材を使用するなどして、他の園児とメニューで疎外感を感じないようにしています。医師の指示のもと、アレルギーの食材を少しずつ取り入れるなど、体質の改善も目指します。

© 2018 Ohno Hikari Nursery School 

社会福祉法人 慈眼福祉会 幼保連携型

認定こども園 大野ひかり保育園

TEL & FAX 0299-90-4800